人気ブログランキング |
<   2012年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
おみくじ発祥の地・比叡山横川・元三大師堂
おみくじ発祥の地・比叡山横川・元三大師堂_a0157263_2224976.jpg



おみくじ発祥の地


by uyamuyadou | 2012-11-30 22:04 | Comments(4)
秋の境内
秋の境内_a0157263_22553547.jpg



比叡山延暦寺.2012.11.18

秋の境内_a0157263_22562641.jpg

by uyamuyadou | 2012-11-29 22:57 | Comments(4)
比叡山延暦寺.2012.11.18
比叡山延暦寺.2012.11.18_a0157263_22232481.jpg



小雨しぐれ

比叡山延暦寺.2012.11.18_a0157263_22243767.jpg



冷たくて

比叡山延暦寺.2012.11.18_a0157263_2225554.jpg


 
でも、苦心することも無く

比叡山延暦寺.2012.11.18_a0157263_22263029.jpg



音も無く 静かに広がる 黄色い世界

比叡山延暦寺.2012.11.18_a0157263_22294597.jpg

by uyamuyadou | 2012-11-28 22:31 | Comments(0)
真珠腫#6
真珠腫#6_a0157263_2311012.jpg



昔よく行った“八瀬遊園”側のケーブルで比叡山延暦寺へ、。

真珠腫#6_a0157263_2323351.jpg



2012.11.18[京都・八瀬ケーブル]


10月に入り、不安が募る。ネットでいろいろ情報みていると、手術動画まであり、
こんな風にされるんだ。と、自分で不安を煽る。
術前検査の結果も気になっていた。

手術10日前
術前の検査結果発表。 身体異常なしバンザイ。
で......耳の状態を確認するのに診て頂けるのかと、思いきや、
院長先生は、不在。 副院長さんが、手術の説明。

この日は、近くに住まいする妹に同行してもらった。

耳の後ろを、ぐるりと切開するらしい。
で、鼓膜と骨の間にできている、くぼみ=真珠腫を摘出。
そのあと、中耳の部分の空洞とその機能を修復する手術。
これが、鼓室形成術。 味覚神経や三半規管など、小さく大事な機能が、
たくさんあり、とても繊細さが要求される。
それで、耳の一部から軟骨を摘出し、痛んでいる部分に埋め込む。
軟骨を成形し、接着剤で付けるとと説明された。
この接着剤は人の血液からできていると説明された。宗教的な理由で断る人もあるらしい。

などなど、リアルな説明に、簡単に考えていた二人は、妹は引きまくり、
人ごとの様に話していた自身も、こういうことなんだと、ようやく理解した。

.....続く.....

by uyamuyadou | 2012-11-26 23:26 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#5

今日、米子自動車道を通過 すごくきれいで、わざわざ高速を降りて、パシャ。

真珠腫#5_a0157263_21493038.jpg



[鳥取県・大山・2012.11.25]


10月の末まで、通院2回
一度目は9月の末に、術前の検査。
二度目は手術10日前に、検査結果と手術説明。

術前検査では、
血液検査・尿検査・聴力検査・頭部レントゲン・胸部レントゲン・肺活量検査・
そして何より驚いたのは、味覚検査!

えっ味覚も調べるんですか?
正直知らなかったけれど、耳の近くに、味覚を伝える神経が通っていて、
耳の具合が良くないと、味覚障害を起こすという。
味覚の検査は、なにやら金属の棒みたいなのを、舌の前・奥・右・左と数か所にあて、反応をみる。
今では乾電池をなめる子供はいないと思うが、昔、舐めたあの感覚・味。
何・これと思いながら、検査を受けたためか、上手く測れたのかなんだかわかりませんでした。

と、様々な検査を受け・術前の検査まで待つ。

とにかく、身体はいたって健康そのもので、好きなタバコもいつも通り、
でも、病は気から とはよく言ったもので、手術を受けるという意識をしていたのだろうか、
この頃は、少し身体の調子がよくなかったり、部分的な痛みがでれば、
すごく気になり、2回ほど別の要件で病院を訪ねた。
。。。。。病は気から。。。。。ハハッ、何ともなかった。

-----続く-----

真珠腫#5_a0157263_21545080.jpg


真珠腫#5_a0157263_21583577.jpg


by uyamuyadou | 2012-11-25 21:54 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(2)
今日のお気に入り
今日のお気に入り_a0157263_22513484.jpg




 京都側・昔の八瀬遊園からケーブルに乗り・比叡山延暦寺へ。
  道中・もつんとかわいらしい・紅葉樹


by uyamuyadou | 2012-11-18 22:53 | ONE DAY | Comments(2)
真珠腫#4

で。。。。。
次の日レントゲンを撮ってもらい、判定。
先生の予想通り、[真珠腫]。
この、真珠腫という病気、隠れている人が多くおられるらしい。

鼓膜の一部が奥に陥没し、そこに鍾乳石みたいな垢がたまる病気で、
ほおっておくと、鼓膜付近の骨を溶かし始め、
知らぬ間に、細菌が繁殖し、脳を冒してゆくらしい。

たまたま、ここの病院の、前の副院長さんが、
[真珠腫]手術の名医だということで、さっそく紹介してもらった。
翌週の水曜日、レントゲン画像をもって、紹介先の先生に改め診てもらった。

間違いなく・[真珠腫]・
しかも.......左耳に痛みがあったのに、
右の耳が進行しているという。 両耳を手術することになった。

わかれば、さっさとやって欲しいので、来週ですか?
今は夏・暑く汗もかくので.......と話していると。

手術の予定は、なんと3ヶ月先まで予約でいっぱい。
君は、10月の末になる。   
後から、知ったがこの先生・真珠腫手術の名手。
繊細さが求められる・[鼓室形成術]を、日本で一番多く手掛けてこられた方だった。
病院や先生は違うが、西川きよしの娘さん・西川かなこさんも、この病気で苦労されたそうだ。
.....続く.....


真珠腫#4_a0157263_2217089.jpg
真珠腫#4_a0157263_2217630.jpg

京都金閣寺.12.11.04  紅葉には少し早かった。

by uyamuyadou | 2012-11-18 22:43 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#3
真珠腫#3_a0157263_23482197.jpg


2時間ほど待たせてもらった.....
飛び込みで診てもらうには、これぐらいかかるんや。
待合の長椅子に座り、うとうと.........
名前を呼ばれ、診察室へ 、
症状を伝え、子供の頃は中耳炎によくなっていた事を話す。
右耳の中をのぞきこまれる。
そうすると、予測で、病名"真珠腫"を告げられた。
今日、レントゲンは予約でいっぱいであるから、
予約をして帰るように告げられた。
夏真っ盛り、極暑のとても、じりじりする日だった。

.....続く......

真珠腫#3_a0157263_23473513.jpg

京都.2012秋.路地裏・小路.格子戸の影.

by uyamuyadou | 2012-11-17 23:56 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#2
真珠腫#2_a0157263_237394.jpg


今年に入って.....時々めまいがしてみたり、
後頭部がいたくなったり、まっええ年になってきたなって.....
出張で、飛行機に乗る機会も多く、半年の間に40-50回は搭乗するかな、
**えっそれくらいって いう人もたくさんおられるだろう**

6月から7月にかけて毎週のように、北海道を往復。
千歳到着後は、車で800kmほど走っていた。

7月北海道往復4回した後、やっぱ年なんや.....
これが結構効いたみたいで......
この日は、朝から会社でデスクワーク、いつも通り.....だった
お昼前、
何これ、この痛さ、今までこんな痛さ感じたことがない、
えっ、どこが痛いんやろう、頭?耳?首?
耳の後ろの付け根くらいが 冷・痛・!!

記憶している限りで、18年くらい風邪ひいてないなぁ
大概の事では、医者に行かないけど、
この日は、すぐに会社近くの、日赤へ行った。


.....続く.....

真珠腫#2_a0157263_23211416.jpg

2012.11月.京都圓徳院.

by uyamuyadou | 2012-11-16 23:23 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#1
真珠腫#1_a0157263_2346387.jpg


 先日、手術を受けた。病名は“真珠腫”
子供の頃から、よく夏になるとよく中耳炎になっていた。風邪もよく引き、喘息もあった。
高校時代に、バスケットボールをしたことで、風邪引きも頻度が少なくなり、喘息は完治。
時折出ていた、今でいうアトピー症状も、スポーツをしただけで、完璧にでなくなった。

 気がつけば、耳の気圧を調整していた?のだろうか。
よく、欠伸をした後に、鼓膜が広がった感覚があり、音・声・聞こえ方が頭の中から聞こえてくる。
この時していたこと、対処は、鼻水も出ていないのに、クッと鼻から勢いよく空気を吸い、
感覚的には“鼓膜を締める”とでも言おうか、こうすることで、元通りの聴こえ方にもどる。
いつ頃からだったか、全く記憶がないうちに、気がつけば“耳鼻の気圧調整”をする癖がついていた。

.....続く.....


真珠腫#1_a0157263_011339.jpg

京都.圓徳院.2012秋

by uyamuyadou | 2012-11-11 00:12 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)