人気ブログランキング |
真珠腫#17

a0157263_14315877.jpg

退院
一泊手術
“真珠腫性中耳炎”
発覚したのが、2012年7月で、その年の10月31日に右耳を手術した。
7月に左耳に違和感を覚え・いつもの中耳炎の痛さとは明らかに違う、激しい痛みに耐えれなくなり、
仕事中ではあったが、近くの赤十字病院に駆け込んだ。

a0157263_14321946.jpg

内耳の画像・様子を見て驚きさっそくの手術であったが、
当初・左耳の痛みで診察を受けたが、右耳の進行が早いということで右耳の手術を先に受けた。
おそらく聴力など、両耳を総合的に調べた結果の判断なのだろう。
若手院長さんとベテラン真珠腫・鼓室形成術の名手お二人のご判断だった。

赤十字病院からご紹介を受け、この病院にお世話になり
昨日2014年1月15日・3回目の手術を受け、一泊・今朝・退院することができた。

a0157263_14320718.jpg

思い当たること
■子供のころから夏になると中耳炎によくなっていた。
■中学生まで喘息を持っていた。
■鼻水も出ていないのに・よく鼻すすりをしてきた。
これは、真珠腫性中耳炎の特徴でもあるようです。
僕自身思うことは、気圧との関係がある様で、
特に夏場に鼻すすりをしていたように思います。
鼓膜がペコペコ動くのがわかるほどの鼻すすり。
おそらく鼻すすりをすることで
耳の中の気圧を・鼓膜の調整をしらぬ間に していたのでしょう。

真珠腫性中耳炎は
綺麗にはっている鼓膜の隅にくぼみができ
そこへ耳垢などが溜まり
鍾乳石のように塊が積み重なり
それが真珠の様にみられるところから そう呼ばれています。

a0157263_14321594.jpg

くぼみから 空洞 耳の中へ広がり
菌が中へ中へ
耳の内部を侵してゆき
ひどい時には 脳にも達し 死に至ることもあるそうです。


a0157263_14321204.jpg
僕の場合には ここ数年毎年・半年以上は出張が多く 
飛行機に乗ることが頻繁にありました。

思い返すと、ひどく鼻すすり
鼻を押さえて 耳抜きのようなことをも よくやっていました。

耳なりも激しく 絶えず耳の中で PI~~~ぴぃ と 音が聞こえていたり
小鳥がさえずるような 錯覚

時には 小さな太鼓のような 鼓動のような ドクドク音
目まいがすることも
発覚した2012年の前半には ふらふらすることさえあったように思います。

a0157263_14322202.jpg
あのとき
ほおっておいても
ひょっとしたら あ~また耳が鳴っている
程度で数年過ごしたかもしれません。

明らかに違う痛みと 違和感で病院に行き よかったと思います。
右耳はほぼ完ぺきに聴力も戻り 何の違和感も無く
あの 鼻すすりも することも無くなりました。


a0157263_15205721.jpg

左耳は、簡単にはいかなかったです。
2013年6月末に一回目の手術を受けました。

相当進行していて 耳の内部の骨の一部を溶かしていたようです。

院長先生とこの道のベテラン先生も すこし困った様子の説明でした。
一回目は 内部に広がった真珠腫を綺麗に取り除く事に徹する手術になりました。

また半年後 この真珠腫が 増殖していないことを 確認したうえで
人口耳小骨を新しくつくり 鼓室形成術 を施す というものでした。

術後・想像以上に進行していた とのお言葉。

UNN~~~

だから・最初左耳が痛いといったのに........

とも かんがえたり

でも 右耳を先の行ったことで 最小限の聴力は確保できたんかな と考えたり........

左耳・もう一度手術

半年後

不安・な日々でした。

a0157263_15205033.jpg

2013年6月に受けた手術後 左耳の聴力は ほぼ無くなりました。

これ ほんとうに もう一回聴こえるように なるんやろうか
と胸の中で 小さく思いながら 半年

まっええか
でも不便 右耳を 音の方 声の方に 向けないと
ちゃんと聞きとることができず

周囲の雑多なところでは 左側で話されても まったく 聴こえておらず(・・?

もやもやした日々

このこと以外は とにかく健康なんだから 幸せ と考えてきました。

a0157263_15204089.jpg
こんな 暗い道から ぬけだせるんだろうか

耳の中にはまだ 詰め物がしてあり
耳の周りには 大きなガーゼが
左半(^^を覆うように 二重三重と.....

おとといの夜
右耳を指で押さえ やっぱり聴こえていなかった 左耳

今・PCで好きなJAZZを流しながら このブログ書いています。
右耳を押さえてみる。

すると
大きなガーゼを通して 遠くの方で 音楽が聞こえる
(^^♪ヤッほ~~ぃ
うれしいです。

先生の話では 元の聴力には及ばないだろうが
生活する上で支障のないレベルで 高音は少し聴力が落ちるでしょう とのこと

鼓室形成術もすみ
鼓膜が再生され 術後の傷も落ち着く
3ヶ月後

桜の咲くころには また前の様に 聴こえるようになっていることを期待しています。

a0157263_15210187.jpg
【雪の花が 桜色にかわるころ また 大好きな曼殊院にでかけよう】

a0157263_15210611.jpg
a0157263_15211519.jpg


by uyamuyadou | 2014-01-16 19:57 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(3)
Commented by sikinoneiro at 2014-01-17 09:29
uyamuyadouさん・・・手術成功されたようですね(^^)
ガーゼの向こうに聴きとれるようなら大丈夫ですね・・・よかったですホッとしましたぁ.。・:*:・゚`☆、。

病気すると・・・あの時にぃ~・・・ってよく思いますが・・・今更しょうがないですもんねぇ・・・^^

雪の曼殊院・・・美しいですね・・・.。・:*:・゚`☆、。

桜の頃には鳥のさえずりも聞きながら撮影ですね^^v

Commented at 2014-01-17 09:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-01-17 11:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 冬の京都・雪の曼殊院 #1 京都・成人の日  >>