真珠腫#15

a0157263_23481965.jpg


6月の末に手術をして 3か月が過ぎました。
今年の夏は つらかった~~
でも 喉元過ぎれば なんちゃらで......
だいぶ落ち着いてきました。

静かな場所であれば 聞きもらす事は少ないものの
いろんな音が混ざって聞こえる街中などでは どうも聞きもらしてしまいます。
体が疲れてくると 耳の中も疲れてくるようで 頭の中で 腫れた感があり
こうなると 静かな場所でも 聞き取ることすらできず 聞きもらし
お相手に失礼なことになってします。

仕事の場面では 聴こえていなくても つい 相槌してしまいます。
できるときには、聞こえの良くないことを 説明をして、
聞こえの良い右耳の方へ お相手との席を 変わっていただく。
向かい合わせの席で 会話する時 テーブルとの距離や 周りの音によっては
会話にならない場合がある こんなときは 体を斜に・右耳をお相手に向けての会話となる。
いずれにしても 事前に説明しておくことが必要となる。

そうすると・・・・・
この3ヶ月間でわかったことは  耳の聞こえの良くない方が 実に多いということ

実は6月に手術をしまして.......と説明をしだすと
いや私も耳の聞こえが良くないんですよ......と
8割くらいの方が仰る
全員・手術を受けてはおられない、 原因も分からない方がほとんど。

うちの親父もそうですが、年老いて耳が遠くなるひとつには この真珠腫なるものが
原因になっていることもあるようです。
ただ、これまで頭部・骨の異常などに至らず、過ごしてこれたというだけの事の様だ。

耳なり・耳が遠い・・・若い間に放っておいて 難なく過ごせてきたことも
医療が発達をして 原因がわかってしまうと 処置を迫られるし ほうっておくことができなくなる

しらぬが仏 も 自分次第 手術をしておけばよかったと 後悔はさきにたたず
この真珠腫の場合は  他の病気とは違い  予防法などないのでしょう.....

先天性だったかもと言われると  
ん~~ そういえばお爺ちゃんは 同じようなことで亡くなったなぁ と
以前にも書きましたが  なるべくして病気になっており 
僕の場合には、特に夏の大気圧に弱い様で、夏になると泳ぎにも行っていないのに
中耳炎になったり  耳の中が痛くなったりしていた。

手術を受けることにした動機は  やはりお爺ちゃんの死因にあった。

右耳の手術を受けたのが 昨年の10月31日 そろそろ1年 ようやく右耳は落ち着いてきている。
要因となっていた真珠腫も再発していないようだ。

補聴器もかんがえましたが、1月の手術までは、補聴器のお世話にならないでおこうと思います。


先週末術後3月の検査、右の耳・左の耳とも外部からの所見では 全く異常なし
特に綺麗に鼓膜も再生され 手術がうまくいって事を 聞くだけにとどまりました。

今・時々痛む事も 耳の中で体が治癒能力を最大限に活動し 元に戻そうとがんばっている。
今・それしかなく.....
1月の人口的な 耳小骨再生手術で 聴力がどこまでもどるでしょうか
今は・わかりません。

a0157263_2374438.jpg


 
[PR]
by uyamuyadou | 2013-10-06 01:12 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
<< さあ(^^♪渡りましょう これなんですか >>