真珠腫#7
a0157263_22163052.jpg



雨・比叡山延暦寺の夜2012.11.18


~~~手術当日~~~
8月に真珠腫が判明してから3ヶ月、
一度も耳の中を診察されることはなかった。
急激にどんどん進むというものでもなかったのだろう。

1泊でも入院。ちょっとDOKI DOKI
この手術一泊でOK。入院時間は、朝の8時30分。
当日朝、病院まで1時間半の道のり、家を7時前に出発。
地下鉄・バス+徒歩で、ひと晩分の荷物を抱えて病院へ。

前日、一泊だけども、さすがにしばらくは風呂に入れないだろうと、
サウナへ行き、ひと汗かいて、垢すりをしてもらった。
10月下旬、真夏ほど汗もかく事も無いやろう、
年齢からもあまり脂っこくなくなってきたようにも思うし、と....
3日前から、サウナに行こうと決めていた。おかげで気分爽快。

入院・手術には、近くに住む妹に付き合ってもらった。
なんせ、諸々で独り身になりいつしか15年程が経つか........
こういう時、独りでは、なにかと不便である。元嫁に来てもらうわけも行かず。。。
妹一人では心細いみたいだったので、申し訳ない・母親にもきてもらった。

病院の前で待ち合わせ。なんか妙な気分。今からどこ行くの?????

エレベーターで2階へ、眼科・耳鼻科・3階建ての病院で、2階がオペ室。
ピンぽ~ん。
すぐに病室に通され、ベットに腰を下ろす。
血圧・体温を測り、入院服を渡され、着替えるように言われる。
エコノミークラス症候群・予防に、弾性ソックスまで準備されていた。
こんなことに慣れていることも無く、へぇ~って、思うことばかり。
麻酔科の先生がやってきて、何やらいろいろ説明してくれた。
同意のサイン。

入院してから、どのくらい時間が経過したのか、どこかぼ~っと。。。。。。
あまり頭が回転していない。
今から耳切って、手術するんや~って、無意識に思ってたんやろううな。

コンコン。ノックの音。
○○○○さ~ん。それでは と 病室まで迎えに来られた。

.....続く.....

[PR]
by uyamuyadou | 2012-12-04 22:57 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(2)
Commented by nonohana28 at 2012-12-04 23:21
先ほどは、私の拙いブログにイイネをいただきまして
ありがとうございました。
大変だったのですね。
真珠腫!・・・・耳慣れない病名で驚いています。
お大事になさってくださいね。
Commented by uyamuyadou at 2012-12-05 20:16
nonohanaさん こんばんは。
初めてご訪問いただいた内容が、
病気の話になってしまし、いや~すみませんでした。
ひと月経ち、ずいぶんよくなりました。ありがとうございます。

また拝見・お邪魔させていただきます。
<< 比叡山延暦寺根本中堂 秋の山 >>