<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
だれもいない 岩間寺
a0157263_23355692.jpg



だれもいない あしもとにしかれた白いじゅうたん
無言で 静けさの中を 歩く 

a0157263_23392587.jpg



凍る 手水に 身もひきしまり

a0157263_2342266.jpg



赤くほほ笑む 雪ん娘さざんか

a0157263_23421329.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-31 23:45 | Comments(0)
西国第十二番札所 岩間寺
a0157263_2217560.jpg



瀬田の夜明け

a0157263_22183272.jpg



雪がちらつく 琵琶湖畔 徒歩で岩間寺へ向かう

a0157263_22193822.jpg



おそらく 鏡開きの火床作り?だろう 下山の頃には ぜんざいがふるまわれていた

a0157263_22232285.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-30 22:23 | Comments(2)
激動の大阪
a0157263_2214174.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-30 22:14 | ONE DAY | Comments(0)
西国第十一番札所 上醍醐 

醍醐味
平安時代の前期、弘法大師の孫弟子が修行の場を求めこのこの山 上醍醐・深雪山にやってきた
山頂で老人と出会う。  この老人“落ち葉の下から流れる水をすくい飲み” ああ“醍醐味なるかな”
と 言葉を残し 姿を消し 去ったそう。

なるかな 深い 味わい
なるかな 深い おもてなし
なるかな 深い 水の大切さ
なるかな 深い 今のとき
なるかな 深い 生きる道
あなたにとって この落ち葉の下の流るる水は 醍醐味なるものか???
と、この老人 修行に来た 弘法大師の孫弟子に 問うた様に見えたが......

五段階の味なるもの いきなり醍醐に到らぬ事を 思う。。。。。
いろんな事に 置き換えられる ふかい言葉かな

a0157263_21395482.jpg

a0157263_21401135.jpg

a0157263_21402128.jpg

a0157263_21403355.jpg
a0157263_21404193.jpg


最上級の乳製品 ・・・乳→酪→生酥→熟酥→醍醐
醍醐・・・10世紀の日本で製造されていた乳製品
醍醐=サルピス→カルピス
[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-29 22:33 | Comments(0)
西国第十一番札所 醍醐寺
a0157263_22381945.jpg





天   地



a0157263_22383739.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-27 22:39 | Comments(2)
西国第十一番札所 醍醐寺
a0157263_2328749.jpg



木々は 枯れ 寒さに耐える冬の山
水のながれは 枯れることなく いけとしいきるものを はぐくみつづける

a0157263_2331424.jpg


a0157263_23322397.jpg


a0157263_23324616.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-26 23:36 | Comments(0)
生きている珈琲

珈琲が好き
 ストレートで飲む・珈琲が好き
   毎日5杯はのんでいるかなあ。。。。。

a0157263_20131675.jpg




2011年の 幕が開き なんだか身体がよく動く 反応している.....
何にか わからないが 反応して? とにかくよく歩いている。
昨年の1月興味本位で始めた“西国三十三箇所巡礼” 2010年中には、終わらせるつもりでいたけれど、とんでもなかった。
仕事も絡み、夏から秋・・・そして冬が来ても なかなか気が向かなかった。ようやく大晦日に一年の感謝をこめて、興福寺・南円堂へ...
年が明け、元旦から“三十三箇所巡り”再開、寒かろうが遠かろうが、駅から目的地までとにかく歩く。
山であろうが雪が降ろうが朝一番の電車で、目的地に向かう。
第十番三室戸寺からの再開である。景色を求めるのであれば、なにもないこの季節を選らばずにもいいのに。
ひと気の少ない 今 身体が反応している。 

考え・思い・頭の中は空っぽのままなのに・・・・・とにかく歩く・・・・・

この月は、今日までに 第十番~第十一番上醍醐 准胝堂・岩間寺・石山寺・三井寺・今熊野観音寺・清水寺
雪の中・山の中・寒中の中 とにかく歩いた。

頭の中は無無無
写真もいっぱい撮り貯め。 おいおい掲載していこうかな。

a0157263_20344232.jpg




先週、1月16日日曜日・・・京都にいた
よく歩く四条通りを 珈琲が飲みたくて 河原町から 烏丸に向かって 探しながら歩いていた。 吹雪く雪・日も落ちた夕暮れの四条通り。

a0157263_20395747.jpg



京都といえば、イノダコーヒー・小川珈琲かな。でもあんまり好みで無く あんまり行かないかな。
寺町通りを過ぎて、御幸町通り・麩屋町通りと、なかなか見つかんないし、ドトールコーヒーでもいいかって思った直後。
見~つけた、“えっ”こんなところに こんな珈琲ショップあったっけ???
四条通りからは看板だけが目に飛び込んできた。

a0157263_2045932.jpg




 『 熱風低温焙煎 生きている珈琲 』  へぇ~~~

四条通から 地下へ降りてゆく ・・・ 店内は少し明るめで これまた人影まばら 俺のためのお店かな?
入ってゆくと、 一瞬!間があって、“いらっしゃいませ お煙草お吸いになられますか”と 少々ぎこちない接客。
お店の雰囲気は、チェーン店の雰囲気より ワンランク上かな、“大人の隠れ家”的な静かな空間。しかし、真新しさなのか、落ち着いた雰囲気が有りながら、少々落ち着かない。
喫煙者専用の部屋へ通され・・・居心地優秀。

a0157263_20522499.jpg



a0157263_20572885.jpg




1杯700円 2杯めは300円 2杯のめば一杯500円 高いか 安いか ???
http://ikiteiru.com/ 生きている珈琲HP
いつオープンされたのですか?って尋ねると 昨日ですって!!
1月15日オープンしたばかりでした。

a0157263_21101364.jpg



a0157263_2113959.jpg


a0157263_21202.jpg


a0157263_2121042.jpg



珈琲本来の甘み
 珈琲の細胞を壊さず焙煎できる スペシャリティーなマシーンがあるようです。
珈琲豆の産地・こだわりなどは お話しできなかったんで わからなかったんで、今度行ったらきいてみようかな??

a0157263_217974.jpg



 


[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-23 21:11 | ONE DAY | Comments(0)
西国第十番札所 三室戸寺
a0157263_0205081.jpg



春から夏の花寺は 特に紫陽花が有名な景勝地
 お正月二日・・・人影はまばら
宇治川のほど近い三室戸寺 平安時代・貴族の別荘・行楽地であったそう。

a0157263_023418.jpg



京阪電車・三室戸駅から 徒歩凡そ10分 道中は桜並木がある。

人の多いところが苦手
 のんびりマイペースで お参りしたい
  歴史を深くしることもせず こだわらず

古の “道” を歩きたい

 ありもなし・なしもあり・

  有るがあるから無いがある無いがあるから有るがある

a0157263_031339.jpg




お天気の日にはお天気の日の歩き方

   雪の日には雪の日の歩き方

a0157263_0314784.jpg




心の持ち方で歩き方は変化する
 また、それはそれでよい・・・・・
  つぼみは いつか 花咲かす

a0157263_0323570.jpg




 ふたりが寄り添い つきない命

a0157263_0332840.jpg




 ひとりでいても 春は来る

a0157263_0333912.jpg




 老いては 老いる美しさ

a0157263_036156.jpg





a0157263_0362977.jpg




人の心に 花の寺 春には 集い 笑顔の花が咲き乱れる。。。。。


[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-23 00:39 | Comments(4)
鯉池・京都嵯峨広沢の池
a0157263_23203977.jpg
a0157263_23204866.jpg
a0157263_23205445.jpg




京都嵯峨野
観月の池

冬はさみしげ 鯉ざらえ


[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-19 23:23 | 冬のお散歩 | Comments(0)
冬の京・雪の鞍馬寺
a0157263_6553558.jpg
a0157263_6554338.jpg
a0157263_6555215.jpg




雪にわくわくしたお正月
子供の頃を思い出したお正月
雪深い くらまさんの 凜とした空気に触れ
清々しい 元日を迎えられた

このあと、雪をかぶっているだろう
ご先祖様のお墓参り・・・・・


[PR]
by uyamuyadou | 2011-01-18 06:59 | 冬のお散歩 | Comments(2)