カテゴリ:真珠腫性中耳炎( 22 )
真珠腫#21 再発の疑い?
a0157263_22385587.jpg
[サンシュユ・グミ]

電話があった
誰?
見覚えのない電話番号だったが出てみた

”真珠腫性中耳炎”で
お世話になった病院からの連絡だった。
最後に手術を受けたのが2014年1月の事
何の用だろう?
2015年・2016年の1月には術後検査を受けていて
経過良好(^^)だった

「手術後の経過・様子はいかがですか」
と優しい看護師さんの声
(たぶん眼鏡をかけたあの人だろうなぁと思いながら)

[絶好調今のところ問題なしです。]
[今年の夏も、痛む事無く過ごせましたよ。]
[来年1月の定期検査伺う予定です。]
と伝え電話を切った。

こういうことだ
☆この真珠腫☆
再発の危険が少なからずある
そのため術後の経過が重要
手術で摘出していても目に見えない真珠腫が
残っていれば・知らぬ間に増殖する様だ

お世話になった病院では
このアフターケアをしっかりしていただけて、安心している
診察時・画像を見ながらの診断は様子がよく理解できます。

そうそう
今まで手術を受けた病院を載せていませんでしたが

京都・松井山手
ひろしば耳鼻咽喉科
広芝院長と岩永先生にお世話になりました。

術前~術後・経過観察まで安心して診て頂いてます。
大変混んでいる病院ですが
おすすめできますよ


突然の電話
とてもうれしかったです







[PR]
by uyamuyadou | 2016-11-11 23:20 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#20

あれから
二年
仕事環境も変え
すっかり
気にすることも無くなってきた

耳の違和感

癖の様に
鼻をつまんで
勢いよく
吸い込んでいた鼻すすり
気圧調整?

これもすることが
無くなった

a0157263_11515137.jpg


左耳は骨を障らないといけないい状態の手術で
2回に分けて行った
その最後から2年目の検査

お正月休みを利用して
術後の診察に行ってきた

結果としては
良好
!(^^)!

☆鼓膜が外耳道と中耳にきちんと隙間なく再生されていた。
☆これは、真珠腫が再発していないことを意味する。
☆聴力は、術後の再検査数回・昨年1年目の検査
そして戦時地2年目の再検査で
ほとんど変わりなく問題なし。
右耳は広い範囲の周波数を聞き取ることができている。
ただ左耳は高音域が聞き取れていない。

生活レベルに支障なし。


a0157263_11520667.jpg



この先は
年一度
再発をしていないか検査を続ける


[PR]
by uyamuyadou | 2016-01-10 12:12 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(2)
真珠腫#19 みみの日
a0157263_22324169.jpg

あかりをつけましょ
ぼんぼりに~~♫

ちらし寿司に 鰆味噌漬け お吸いもの

子供の頃
妹がいたので
小さいながらも雛人形がありました
ガラスケースに入り
オルゴール付き

たたんた たんたた たんたかたったった~~
なつかしいな
この音

ちゃ~~んと


残っています。

このみみ
2014年1月15日に
最後の手術を受けてから

左耳は若干.高音が聞き取りにくい

今年1月10日の検査結果ながら
好順調に回復!

真珠腫性中耳炎

この先は年に一度
検査を受ける

当.ブログには
この病名でのアクセスがすごく多い

#1からはじめ#19まで

同じ病気で
不安におられる方が
こんなにたくさんおられる

少しでも不安を解消できるようにと
この記録を載せてきました。

お役に立てたかどうかは
わかりませんが

この先も
わかる範囲で
体験したことから
お話しできることができるかとおもいます。

ご不安な事がございましたら
コメント
お寄せください。


a0157263_22512810.jpg



献血も再開しました。

京都四条献血ルーム



[PR]
by uyamuyadou | 2015-03-03 22:53 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(1)
真珠腫#18
a0157263_21411513.jpg
a0157263_21403697.jpg
a0157263_21405364.jpg
a0157263_21494719.jpg
砂丘の雨は 地底に吸い込まれ
いつしか
あちらこちらから
地上に湧き出してくる
やがて
いく筋もの 流れとなり
砂丘のオアシスへと流れ込む
またこの筋は
いつしか 消えてゆく

a0157263_21410891.jpg
左耳二回目の手術
一週間が経過した

すこぶる順調で 日に日に左耳から

“音が聞こえてくる”
とてもうれしい!!

切開した耳の後ろの痛みもなく
内耳や頭部の痛みも無く

しずかにしていると
砂丘オアシスの水の如く
患部に血流が 集まってくるのがよくわかる
ドクドクと音がする
血が流れている
傷口を治しているのだと
感じる

思うのは 風の谷のナウシカ・王蟲
目を閉じていると
いく筋もの光が見えるような
傷口の一つ一つを丁寧に
再生・治癒
されていく
こと

すごく感じる

砂丘の“水”を 見ていて
おもう
自然治癒力
ひとって
生きているっって
生かされているっって
自然と一体なんだって!
水の力によって!

a0157263_22093973.jpg
a0157263_22095348.jpg
a0157263_22095719.jpg
a0157263_22100036.jpg


[PR]
by uyamuyadou | 2014-01-21 22:13 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(12)
真珠腫#17

a0157263_14315877.jpg

退院
一泊手術
“真珠腫性中耳炎”
発覚したのが、2012年7月で、その年の10月31日に右耳を手術した。
7月に左耳に違和感を覚え・いつもの中耳炎の痛さとは明らかに違う、激しい痛みに耐えれなくなり、
仕事中ではあったが、近くの赤十字病院に駆け込んだ。

a0157263_14321946.jpg

内耳の画像・様子を見て驚きさっそくの手術であったが、
当初・左耳の痛みで診察を受けたが、右耳の進行が早いということで右耳の手術を先に受けた。
おそらく聴力など、両耳を総合的に調べた結果の判断なのだろう。
若手院長さんとベテラン真珠腫・鼓室形成術の名手お二人のご判断だった。

赤十字病院からご紹介を受け、この病院にお世話になり
昨日2014年1月15日・3回目の手術を受け、一泊・今朝・退院することができた。

a0157263_14320718.jpg

思い当たること
■子供のころから夏になると中耳炎によくなっていた。
■中学生まで喘息を持っていた。
■鼻水も出ていないのに・よく鼻すすりをしてきた。
これは、真珠腫性中耳炎の特徴でもあるようです。
僕自身思うことは、気圧との関係がある様で、
特に夏場に鼻すすりをしていたように思います。
鼓膜がペコペコ動くのがわかるほどの鼻すすり。
おそらく鼻すすりをすることで
耳の中の気圧を・鼓膜の調整をしらぬ間に していたのでしょう。

真珠腫性中耳炎は
綺麗にはっている鼓膜の隅にくぼみができ
そこへ耳垢などが溜まり
鍾乳石のように塊が積み重なり
それが真珠の様にみられるところから そう呼ばれています。

a0157263_14321594.jpg

くぼみから 空洞 耳の中へ広がり
菌が中へ中へ
耳の内部を侵してゆき
ひどい時には 脳にも達し 死に至ることもあるそうです。


a0157263_14321204.jpg
僕の場合には ここ数年毎年・半年以上は出張が多く 
飛行機に乗ることが頻繁にありました。

思い返すと、ひどく鼻すすり
鼻を押さえて 耳抜きのようなことをも よくやっていました。

耳なりも激しく 絶えず耳の中で PI~~~ぴぃ と 音が聞こえていたり
小鳥がさえずるような 錯覚

時には 小さな太鼓のような 鼓動のような ドクドク音
目まいがすることも
発覚した2012年の前半には ふらふらすることさえあったように思います。

a0157263_14322202.jpg
あのとき
ほおっておいても
ひょっとしたら あ~また耳が鳴っている
程度で数年過ごしたかもしれません。

明らかに違う痛みと 違和感で病院に行き よかったと思います。
右耳はほぼ完ぺきに聴力も戻り 何の違和感も無く
あの 鼻すすりも することも無くなりました。


a0157263_15205721.jpg

左耳は、簡単にはいかなかったです。
2013年6月末に一回目の手術を受けました。

相当進行していて 耳の内部の骨の一部を溶かしていたようです。

院長先生とこの道のベテラン先生も すこし困った様子の説明でした。
一回目は 内部に広がった真珠腫を綺麗に取り除く事に徹する手術になりました。

また半年後 この真珠腫が 増殖していないことを 確認したうえで
人口耳小骨を新しくつくり 鼓室形成術 を施す というものでした。

術後・想像以上に進行していた とのお言葉。

UNN~~~

だから・最初左耳が痛いといったのに........

とも かんがえたり

でも 右耳を先の行ったことで 最小限の聴力は確保できたんかな と考えたり........

左耳・もう一度手術

半年後

不安・な日々でした。

a0157263_15205033.jpg

2013年6月に受けた手術後 左耳の聴力は ほぼ無くなりました。

これ ほんとうに もう一回聴こえるように なるんやろうか
と胸の中で 小さく思いながら 半年

まっええか
でも不便 右耳を 音の方 声の方に 向けないと
ちゃんと聞きとることができず

周囲の雑多なところでは 左側で話されても まったく 聴こえておらず(・・?

もやもやした日々

このこと以外は とにかく健康なんだから 幸せ と考えてきました。

a0157263_15204089.jpg
こんな 暗い道から ぬけだせるんだろうか

耳の中にはまだ 詰め物がしてあり
耳の周りには 大きなガーゼが
左半(^^を覆うように 二重三重と.....

おとといの夜
右耳を指で押さえ やっぱり聴こえていなかった 左耳

今・PCで好きなJAZZを流しながら このブログ書いています。
右耳を押さえてみる。

すると
大きなガーゼを通して 遠くの方で 音楽が聞こえる
(^^♪ヤッほ~~ぃ
うれしいです。

先生の話では 元の聴力には及ばないだろうが
生活する上で支障のないレベルで 高音は少し聴力が落ちるでしょう とのこと

鼓室形成術もすみ
鼓膜が再生され 術後の傷も落ち着く
3ヶ月後

桜の咲くころには また前の様に 聴こえるようになっていることを期待しています。

a0157263_15210187.jpg
【雪の花が 桜色にかわるころ また 大好きな曼殊院にでかけよう】

a0157263_15210611.jpg
a0157263_15211519.jpg


[PR]
by uyamuyadou | 2014-01-16 19:57 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(3)
真珠腫#16

a0157263_23510778.jpg


お正月七日をすぎ
えべっさん・鏡びらきも済み

いいお正月を迎えられたことに うれしく思います

a0157263_23550880.jpg


人それぞれ
いろんな思いを胸に迎える お正月

お正月は特別な日

よく言われるのが
よく思うことが
毎日がお正月

毎日だから
毎日は
”お正日”

ジングルベルが聞こえ始め
一年を振り返り

うれしいこと
かなしいこと

生きること
滅すること

失敗したこと
うまく行ったこと

増えたこと
減ったこと

毎日毎日の積み重ねが
”お正日”
この繰り返しで
”お正月”

a0157263_23550836.jpg


これまで務めた会社を去り

a0157263_23550830.jpg

これまでは
今頃 あの空の上
全国を飛び回り
いろんな人々に出会い
いろんな農産物に出会ってきた...

a0157263_23592407.jpg


冬空の 木々復(また)そなえ 春をまつ

a0157263_00344939.jpg


12月に術前検査を終え

明日3回目の手術
”真珠腫”

もっと大病を抱えておられる方には
大袈裟にきこえるでしょう。

右耳は一回で 聴こえ良好
左耳は 二回目
平衡感覚がおかしく感じることもあり

考えすぎ?

明日でスッキリ になる?

でも不安?

大袈裟ですが.....

a0157263_00212926.jpg


薄紅色に染まるまでに
いろんな聲をもらさずに

もとのように
聴こえるようになれば
うれしいです


[PR]
by uyamuyadou | 2014-01-14 00:47 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(2)
真珠腫#15

a0157263_23481965.jpg


6月の末に手術をして 3か月が過ぎました。
今年の夏は つらかった~~
でも 喉元過ぎれば なんちゃらで......
だいぶ落ち着いてきました。

静かな場所であれば 聞きもらす事は少ないものの
いろんな音が混ざって聞こえる街中などでは どうも聞きもらしてしまいます。
体が疲れてくると 耳の中も疲れてくるようで 頭の中で 腫れた感があり
こうなると 静かな場所でも 聞き取ることすらできず 聞きもらし
お相手に失礼なことになってします。

仕事の場面では 聴こえていなくても つい 相槌してしまいます。
できるときには、聞こえの良くないことを 説明をして、
聞こえの良い右耳の方へ お相手との席を 変わっていただく。
向かい合わせの席で 会話する時 テーブルとの距離や 周りの音によっては
会話にならない場合がある こんなときは 体を斜に・右耳をお相手に向けての会話となる。
いずれにしても 事前に説明しておくことが必要となる。

そうすると・・・・・
この3ヶ月間でわかったことは  耳の聞こえの良くない方が 実に多いということ

実は6月に手術をしまして.......と説明をしだすと
いや私も耳の聞こえが良くないんですよ......と
8割くらいの方が仰る
全員・手術を受けてはおられない、 原因も分からない方がほとんど。

うちの親父もそうですが、年老いて耳が遠くなるひとつには この真珠腫なるものが
原因になっていることもあるようです。
ただ、これまで頭部・骨の異常などに至らず、過ごしてこれたというだけの事の様だ。

耳なり・耳が遠い・・・若い間に放っておいて 難なく過ごせてきたことも
医療が発達をして 原因がわかってしまうと 処置を迫られるし ほうっておくことができなくなる

しらぬが仏 も 自分次第 手術をしておけばよかったと 後悔はさきにたたず
この真珠腫の場合は  他の病気とは違い  予防法などないのでしょう.....

先天性だったかもと言われると  
ん~~ そういえばお爺ちゃんは 同じようなことで亡くなったなぁ と
以前にも書きましたが  なるべくして病気になっており 
僕の場合には、特に夏の大気圧に弱い様で、夏になると泳ぎにも行っていないのに
中耳炎になったり  耳の中が痛くなったりしていた。

手術を受けることにした動機は  やはりお爺ちゃんの死因にあった。

右耳の手術を受けたのが 昨年の10月31日 そろそろ1年 ようやく右耳は落ち着いてきている。
要因となっていた真珠腫も再発していないようだ。

補聴器もかんがえましたが、1月の手術までは、補聴器のお世話にならないでおこうと思います。


先週末術後3月の検査、右の耳・左の耳とも外部からの所見では 全く異常なし
特に綺麗に鼓膜も再生され 手術がうまくいって事を 聞くだけにとどまりました。

今・時々痛む事も 耳の中で体が治癒能力を最大限に活動し 元に戻そうとがんばっている。
今・それしかなく.....
1月の人口的な 耳小骨再生手術で 聴力がどこまでもどるでしょうか
今は・わかりません。

a0157263_2374438.jpg


 
[PR]
by uyamuyadou | 2013-10-06 01:12 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#14


a0157263_22493474.jpg


でもね、今回は左耳の聞こえはまったく良くないのに
異物・・・真珠の塊を取り除いたからか
きれいに取り除けたからか すごく体が楽 気のせいかな
良く眠れるし.......
今もピ~~~~~音は消えず、聴こえてくる音も遠~~~~~いんです。
来年1月か 6月かに再手術をうけて 
自分の耳の一部から軟骨を採取し、耳小骨をつくり、
人の血から作った接着剤で 固定すれば ほんとうに元通りにきこえるんやろうか
不安はあるけれど.......

今度の土曜日に 術後1ヶ月目の検査・聴力検査
きっと 低音は良く聞こえるはずだけれど.........どうでるか

2回目だからか   1回目に比べ   術後の気の使い方は違い
耳の外部・側頭部に少々腫れは残っているものの
これまた、痛みもなく 過ごした ひと月

おっと.....枝豆が茹であがったので さっそく頂きます。   乾杯!!

つらいのは.....人ごみ雑踏 プラットホーム と とても疲れた時
頭ん中から 聴こえてくる音 に BO~~~~~っとしてしまいます。

068.gifは、まだ大丈夫の様です。ほっと.....
ホッとといえば “ほっとこうち” この週末・(^^)高知にお出かけしてきます。

a0157263_22585421.jpg


a0157263_2311874.jpg


a0157263_2313225.jpg


話は全然変わりますが、
ニッポン・・・・・周りを良く見渡すと  改めて見渡すと
野菜を良く見てみると.......みんな~~~~~
する事なす事  雑になっていませんか

"こまやかな心”日本  カネに負けないように  って思います。

また訳わからんこと 書いてる??

a0157263_2375484.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2013-07-25 23:11 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(2)
真珠腫#13

【岩木山の夕】
a0157263_23145097.jpg


不安が的中して、今回は2度に分けて手術することとなった。
術後耳の後ろから出血して不安になったり、前回とは違う不安だらけの1週間。

今日、術後の検査があり、耳の後ろの出血は縫合部分から少し出ていた程度で、
先生は(笑)大丈夫、心配し過ぎ。

耳の中も、カメラで写しながらの処置で、きれいになってきており、経過良好とのこと。
この言葉で、この1週間の不安が解け、気も楽になりました。

前回同様・歩いて手術台に乗り、会話しながら、点滴や計器のラインがどんどんつながれてゆき
ハイ薬入れていきます......と 目が....意識が.....遠くに......
前回はこれを楽しむ余裕があったが、今回は不安で気持ちのいいもんでは無かった。

ひと段落...やっと・ホッとできた 今日でした。

a0157263_23225113.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2013-07-03 23:23 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)
真珠腫#12

a0157263_2283349.jpg

【真珠腫性中耳炎】

昨年の今頃、毎週北海道を行ったり来たり月のうち半分は北海道を、車で走りまわっていた。

なんやこの痛みは?
診断結果は真珠腫って、聞いたことも無い病名
左耳の中が割れんばかりに痛み、専門医を訪ねたところ、
痛かった反対の耳の方が、進んでいる可能性があるとういう。
で、10月31日に手術を受けた。

あれから8か月を経過し、右耳は落ち着いたり、気温が高くなり・疲労が溜まると
耳の中が、腫れたような感覚の柔らかな痛みが時々出ていた。

6月30日2度目の手術
左耳

今回は術前より、なにか気になり、でも右耳がすんなり一回ですみ、
でも気になりだすと、良くないことばかり考え、
7月は出張にも出れなくなるので、6月にできるだけ出張をすませた。


前回より目が覚めるのが、ずいぶん早かった。

結果:真珠の様な塊の摘出は上手くいったらしい。
が、相当進行していた様子、それもこれまでにないケースの様な事を 説明受けたが、
どうにも理解しきりない、
耳小骨というのが、耳の中に三つあり、そのうち真ん中の骨が、
真珠腫に侵され、溶けていたようだ。
おまけに、耳小骨を通り越し、顔面の神経にもいたずらをし始めていて、
危うく、脳の近くにたっするところだった。

術前の自覚症状や検査では、聴力にも問題無く、
切開してはじめて見えた事実に、自身も動揺し、やっぱりか......
先生方も、想像以上の状態に少し動揺しておられたように窺える。

術後一週間が経過し、前回とは違う体調の良さに、気を許したのか

今日は体調絶不調・・・耳も痛むので、

続きはまた......

a0157263_22275017.jpg
a0157263_22274790.jpg

[PR]
by uyamuyadou | 2013-07-02 22:29 | 真珠腫性中耳炎 | Comments(0)